ひとときネット

hitotokint.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

吉野サロン 新聞に掲載

d0342155_13450974.jpg

奈良新聞に掲載されました。
吉野サロンで12月12日()13日()中間見学会を
開催いたします。時間は10時から16時です。
お問い合わせ先は0746-32-2310です。
お待ちいたしております。
[PR]
by hitotokinet | 2009-11-30 22:00 | 日記

ほろ酔い建築家のつぶやき「木構造の解析・・」

この数カ月、建築業界で話題になっている実験がこのビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=adP5fbAoxV0

建築基準法の1.25倍の強度を持つ長期優良住宅仕様の建物と、
金物が不十分な建物を並べて、
Eディフェンスという地震を再現できる機械の上に乗せて、
揺すってみました。
すると、長期優良仕様の方が先に倒壊してしましました。

これは、意外な結果だと思います。
この結果をどのようにとらえ、構造計算をどのように進歩させるのかは、
先生方にお任せして、私が思うところを書かせていただきます。

ビデオを良く見ると、
金物が不十分な建物(手前側)は、
途中で足元が抜けてしまい、置いてある状態になっているようです。
固定されていない分、地震の震動が建物に伝わらないので、
壊れなかったのではないでしょうか?

長期優良仕様の建物(奥側)は、
金物が十分なので計算通りの破壊が起こったのだと思います。
神戸の震災の時に、マンションなどでよくあったように、
建物の特性が変わる部分で壊れる、
1階は水回りが多く、壁が多いので堅い構造です。
2階はリビングなどで壁が少なく、
外周壁で何とか構造を持たせる、やわらかい部分です。
この間で、建物の動きに違いがあり、
壊れたように見えました。

さてさて、どこまで硬く造ればよいのでしょう?
私の考えですが、硬い建物は構造計算に乗せて、解析しやすいのだと思います。
逆に言うと、今の技術で解こうと思うと、硬くしないといけないのです。

やわらかい建物は、力の伝わり方が複雑で、今のコンピューターでは解けないのでしょう。
気象予報を出すのが一番難しく、
世界で1番のスーパーコンピューターでも、
天気予報や台風の進路を計算するのが不可能なのと似ているように思います。

私たちは文明が進み分かった気持ちになっていますが、
意外と解っていない、解けていない、
もしかして、どこかで間違った小道に入っている?
そんな気持ちにさせる実験だったと思います。
本当に強い、命を守る家を建てる知恵はどこにあるのでしょうか?

奈良を歩いていると、意外と真実が近くにあるように思うのですが・・・?
[PR]
by hitotokinet | 2009-11-29 23:18 | 日記

奈良新聞 取材

吉野にモデルハウスを建築します。
木の展示館 吉野サロンと呼びます。

吉野杉を使った構造体で木組みを美しく見せデザインされています。
木の展示館 という側面を持ち、針葉樹 広葉樹の柱を8種類使用しています。

このサロンを 奈良県の広報で見られた奈良新聞の方が、取材に来てくださいました。
サロンの目的は、吉野材の発信拠点であること、また木組を理解し、大工が刻んで
建てる木の家は伝承していかねばならないために建築したなどを話しました。
新聞掲載されたら報告します。

現在、外部断熱材を入れ、電気配線が終わり、内部造作作業といったところです。
屋根仕舞いもそろそろ終わりかなという状況です。
12月12日 13日
に中間見学会を行ないます。
時間は10時から16時までです。場所は吉野本社の近くになります。
申し込みの方は、こちらまで。中間見学会参加希望と記入の上、問い合わせ下さい。
[PR]
by hitotokinet | 2009-11-28 00:56 | イベント・見学会のお知らせ

奈良 興福寺へ行ってきました

 
d0342155_13450806.jpg

紅葉の綺麗な「奈良 興福寺」へ行ってきました。
近鉄・奈良駅の商店街の横にこんなに素敵なタイムスリップ空間があったのですね!
 
さてさて、この建物は何十年、何百年、この地で建っているのでしょうか?
木造はコンクリート造より耐用年数が短いなんてことはありません。
 
私たちが解っていることは意外と少ないと思います。
まだまだ解っていないこと、解析できないことがいっぱいあるのでしょう。
 
さてさて、私はこれから何年生きているのでしょう?
少なくとも、私の建物の解体は見たくないです。
少しでも長く使える住宅・建物を作って行きたいですね。
(奥野)


[PR]
by hitotokinet | 2009-11-27 18:21 | 日記

津山の町並みを訪ねて

先日行った、津山(岡山県)には、古い町並みが自然な感じで残されています

100年以上の時を経た建物が、きちんと建っています
雨にぬれる柱も、取り換えた感じはありません

プランを変えれば、今でも充分暮らして行けます
(断熱対策はかなり必要でしょうが・・・)
今、我々が作っている木の家は、100年たったらどんな感じになっているのでしょうか?
(萩野)

d0342155_13450818.jpg
 
d0342155_13450875.jpg

[PR]
by hitotokinet | 2009-11-22 19:56 | 日記

吉野でのイベント

吉野の公民館で、家づくりのイベントがありました
住設メーカー、関連商品、そして当然、吉野材の紹介コーナーもありました
吉野杉のフローリングが敷かれていて、素足で体感できました午前は奥野浩徳さん、午後から僕がプロジェクターを使って家づくりについての思いを話しました
午後からあいにくの天気でしたが、たくさんの人が来ていました
バリアフリーの取り組みで以前ブログに書いた「もんき」さんを紹介したのですが、施工した方が来られていて・・・業界は狭いです(萩野)

d0342155_13450884.jpg
 
d0342155_13450841.jpg


[PR]
by hitotokinet | 2009-11-01 19:59 | 日記